ピンクゼリー

ジュンビー社ピンクゼリーとベイビーサポートガールを比較!結果は…

女の子の赤ちゃんが欲しい方のための産み分けゼリーといえば、ピンクゼリー。
色んなメーカーのピンクゼリーがあるので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
この記事では特に人気の「ジュンビー社ピンクゼリー」と「ベイビーサポートガール」を比較してご紹介いたします。

「ジュンビー社ピンクゼリー」と「ベイビーサポートガール」はどっちが人気でおすすめ?

「ジュンビー社ピンクゼリー」と「ベイビーサポートガール」はどちらも実績あるピンクゼリーです。
よく似た製品ではありますが、以下の点に注目して選ぶといいでしょう。

  • 成功率・安全・価格重視ならジュンビー社ピンクゼリー
  • 使いやすさ・返金サービス重視ならベイビーサポートガール

成功率・安全・価格重視ならジュンビー社ピンクゼリー


ジュンビー社のピンクゼリー公式サイトを見てみる

このような方にはジュンビー社のピンクゼリーをおすすめします。

  • 女の子を授かる成功率を上げたい
  • 体内に入れても安全な商品を使いたい
  • 少しでも価格は安い方がいい

ジュンビー社ピンクゼリーはピンクゼリーの中でも女の子を授かる成功率が高い商品です。
管理医療機器認証という厚労省の認可を取得しているため、体内に入れても安全。
しかも1本あたりの値段は他のピンクゼリーと比較して安くなっています。

内容量・返金サービス重視ならベイビーサポートガール

ベイビーサポートforガール公式サイトを見てみる

このような方にはベイビーサポートガールをおすすめします。

  • 1本あたりのピンクゼリーの量はたっぷりの方が嬉しい
  • 余ったピンクゼリーは1本単位で買取してほしい

ベイビーサポートガールは内容量が4.5mlと多いため、たっぷりと使うことができます
また、妊娠してゼリーが余った場合には1本単位で買取してくれるので、いつ妊娠してもピンクゼリーが無駄になることがりません。

結論:迷ったらジュンビー社ピンクゼリー


ジュンビー社のピンクゼリー公式サイトを見てみる

どちらにしようか迷ったらジュンビー社ピンクゼリーがおすすめです。

理由としては、1箱あたりの値段がジュンビー社ピンクゼリーの方が安い上に産み分け成功率が高いからです!

どうしてもベイビーサポートを使いたいという理由がなければジュンビー社ピンクゼリーを使うのが良いでしょう。

ジュンビー社ピンクゼリーを使うメリット・デメリット


ジュンビー社のピンクゼリー公式サイトを見てみる

まずはジュンビー社ピンクゼリーの強みと欠点についてご紹介します。

ジュンビー社ピンクゼリーを使う3つのメリット

ジュンビー社ピンクゼリーを使うメリットは以下3つです。

  1. 女の子を授かる成功率が高い
  2. 管理医療機器認証を取得で安全
  3. 1本あたりの価格が安い

以下、それぞれの詳細についてご説明します。

1ジュンビー社ピンクゼリーの成功率は高い!

女の子を授かる確率は、産み分けしなかった場合と各社ピンクゼリーを使った場合で以下の違いがあります。

女の子を授かる確率
産み分けしない場合約48%
ジュンビー社ピンクゼリーを使った場合約80%(79.98%)
ベイビーサポートガールを使った場合約78%

ピンクゼリーを使って産み分けすることで、随分確率があがっていることがわかります。
しかしピンクゼリー同士でも成功率に違いがあり、ベイビーサポートガールは78%ですが、ジュンビー社 ピンクゼリーは80%

ピンクゼリーを使っても、膣内が弱酸性になりきらない場合にはY染色体が生き残り、男の子が産まれる可能性が高くなってしまうのです。ジュンビー社のピンクゼリーは産婦人科医監修のもと、女の子になりやすくなる膣内の酸性値などを研究しつくした製品だから女の子の産まれる確率が高いです。

2ジュンビー社ピンクゼリーは管理医療機器認証を取得で安全

どのピンクゼリーもこれまでにママや赤ちゃんへのトラブルは発生していませんが、体内に注入するゼリーとして一番信頼できるのは『ジュンビー社ピンクゼリー』といえます。
なぜならジュンビー社ピンクゼリーは管理医療機器認証のクラスⅡの認定を受けているから。

ジュンビー社ピンクゼリー管理医療機器認証
ベイビーサポートforガール雑貨

管理医療機器認証とは、厚生労働省(国)が指定した第三者機関の審査を受けて得られる認証で「不具合が生じた場合でも、人体へのリスクが低いと考えられるもの」と定義されています。
体内に入れるものですので、自分や生まれてくる赤ちゃんのためにも安全にこしたことはないですよね。
ちなみにベイビーサポートガールは認証を受けておらず、「雑貨」として販売しています。

3ジュンビー社ピンクゼリーは1本あたりの価格が安い

「ジュンビー社 ピンクゼリー」の3箱セットが1本あたり1280円と最も安い価格でなっています。
いつ授かるかはわからないのが妊活です。
なるべく安い価格の方が続けやすいですよね。

また、『葉酸サプリ』がおまけでついているのも、ジュンビー社 ピンクゼリーの2点セット・3点セットだけ。
妊活中には葉酸が必ず必要になるので、嬉しい特典です。

葉酸とは

葉酸は産まれてくる赤ちゃんの先天性異常(障害児や死産)を減らすことができる成分です。大切な赤ちゃんなので元気に産まれてきてほしいですよね!葉酸サプリは飲むだけで大丈夫なので、ぜひ活用したい医療グッズです♪

ジュンビー社ピンクゼリーを使うデメリット

返金サービスが一箱単位

余ったピンクゼリーを買い取ってくれる返金サービスがあるのですが、この買取は「一箱単位で一箱1万円まで」となっています。
開封済みのピンクゼリーが何本か余っていても買い取りはナシということですね。

ベイビーサポートforガールを使うメリット・デメリット

ベイビーサポートforガール公式サイトを見てみる

次にベイビーサポートガールの特徴についてご紹介します。

ベイビーサポートforガールを使うメリット

ベイビーサポートガールの強みは以下2点です。

  1. ピンクゼリー1本中の内容量が多い
  2. 1本単位での返金サービスを行っている

以下、それぞれの詳細についてご紹介します。

1.ピンクゼリー1本中の内容量が多い

ベイビーサポートガールのピンクゼリーは、1本あたりの内容量が4.5mlとたっぷり入っています。
セックスにあまり時間が取れないなどの場合は、ゼリーがたくさん入っていると嬉しいですよね。
漏れてきてしまうときは下にタオルを敷いたり、腰を上げたりする必要はあるかと思いますが、膣内に行き渡る量を調節できるのがメリットです。

2.返金サービス

ベイビーサポートガールは返金サービスが充実しています。
妊娠に成功し、ピンクゼリーが余った場合には開封済みの箱でも1本あたり1000円で買取してくれるので、まとめ買いしても無駄にならないのが嬉しいですね。
2箱セットからこの返金サービスに対応しています。

ベイビーサポートforガールを使う2つのデメリット

ベイビーサポートガールの欠点は以下2点です。

  1. 一本あたりの価格が高い
  2. 「雑貨」として販売されている

以下、それぞれについてご紹介します。

1.ピンクゼリー1本あたりの価格が高い

1箱単品2箱セット3箱セット
価格13800円22080円(20%OFF)28980円(30%OFF)
1本
あたり
1971円1577円1380円

ベイビーサポートガールはピンクゼリー1本あたりの価格が3箱セットで「1380円」と比較的高くなっています。
1箱単品ではなんと1本あたり1917円!
月に何本か使うことになりますし、この金額では妊活期間が長期に渡った場合には継続が難しいですよね…。
1本ずつの返金サービスを受けられることを考えると、ベイビーサポートガールを使う場合には3箱セットでの購入が必須になりそうです。

2.「雑貨」として販売

ベイビーサポートガールは管理医療機器の認証を受けておらず、「雑貨」として販売されています。
赤ちゃんに副作用が出たり、障害が生じたりといったことはありませんが、デリケートな部分に直接挿入するものなので、少し不安が残りますね。

ジュンビー社 ピンクゼリーとベイビーサポートガールの比較

ジュンビー社ピンクゼリーとベイビーサポートガールをわかりやすく、表にして比較してみました。

価格比較

1本あたりの価格は「ジュンビー社ピンクゼリー3箱セット」がお得です。

※【比較表】表は横にスクロールできます

ジュンビー社ピンクゼリー

ベイビーサポートガール

1箱(単品)2箱セット3箱セット1箱(単品)2箱セット3箱セット
価格14800円26600円38400円13800円22080円28980円
1本あたり1480円1330円12801971円1577円1380円
おまけなし葉酸サプリなしなしなし
送料756円無料無料650円無料無料
返金サービスなし1箱1万円で買取なし1本1000円で買取

(※)各返金サービスには適用条件があります

安全性比較

ジュンビー社 ピンクゼリーベイビーサポートガール
製造産婦人科と共同開発した国内の専門会社の商品、国内工場で製造高機能設備で衛生・品質管理
成分全成分表示全成分表示
区分管理医療機器認証商品雑貨
容器PPABS

安全性ではジュンビー社ピンクゼリーが「管理医療機器」認証を取得した商品であるため、もっとも安全と言えます。
また、容器も長期保存でも劣化しにくいPP素材が使われています。

使いやすさ・内容量比較

どちらも性交直前にさっと使うことができ、シリンジ容器も使い切りです。

ジュンビー社ピンクゼリーベイビーサポートガール
1.7ml4.5ml

内容量はベイビーサポートガールが4.5mlとたっぷり入っていますが、逆に多すぎて漏れやすいなどの口コミも。
1.7mlでも膣内には充分に行き渡りますので、自身の体質などを鑑みて検討してみてくださいね。

ピンクゼリーのまとめ

どちらのピンクゼリーも人気の商品であり、良い商品と言えます。
しかし成功率・価格と安全面を比較すると、ピンクゼリーはジュンビー社のピンクゼリーの方がおすすめです!
特に成功率は大事なポイントですよね。
ジュンビー社のピンクゼリーは80%と成功率も高く、私自身もかわいい女の子を授かることができました。

【実体験】ジュンビー社ピンクゼリーで女の子が産まれました!女の子が欲しい!という女性は多いですよね。 可愛い洋服を着せたり、一緒にお料理をしたり、お買い物にでかけたい…。 女...

私だけではなく、口コミでも無事女の子を授かったというコメントが多く見られます。

ぜひ、女の子の産み分けゼリーを選ぶ参考にしてみてくださいね!

こちらでは、さらに他のピンクゼリー(ハローベイビーガール)とも比較してますので、より詳しく見てみたい方は見てみると良いでしょう。