グリーンゼリー

グリーンゼリーは産婦人科病院・通販グリーンゼリーどちらが良い?

男の子の産み分けで使われる、グリーンゼリー。
販売しているところがたくさんあって、迷ってしまいますよね。

グリーンゼリーの中には「産婦人科で購入できるグリーンゼリー」があります。

産み分けに取り組んでいる産婦人科で勧められているなら安心だし、男の子が産まれる成功率も高そうだと思いませんか?

でも、そうではないのです!

通販のグリーンゼリーを見てみる

産婦人科で購入できるグリーンゼリーにはデメリットもあり、通販のグリーンゼリーの方が良いことも…。

意外ですよね!

この記事では産婦人科のグリーンゼリーの特徴と、通販で買えるグリーンゼリーの特徴についてご紹介しています。
難しくありませんので、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね!

グリーンゼリーは2種類ある

  1. 産婦人科で購入できるSS研究会のグリーンゼリー
  2. 通販で購入できるグリーンゼリー(ジュンビー社のグリーンゼリーなど)

1.産婦人科で購入できるSS研究会のグリーンゼリーとは?

産婦人科で購入できるグリーンゼリーは『杉山産婦人科』院長が主催となったSS研究会によって開発された商品です。
SS研究会とは、全国の生み分けに取り組んでいる産婦人科医師で構成された研究会。

通常、一般病院ではこのSS研究会のグリーンゼリーを使用するように言われます。

2.通販で購入できるグリーンゼリーとは?

ジュンビー社グリーンゼリー公式サイトを見てみる

通販で購入できるグリーンゼリーとはジュンビー社が販売しているものなど、インターネットで購入できるグリーンゼリーです。
男の子の産み分けに効果的なのは産婦人科のグリーンゼリーと同じです。

しかし、こちらの方が開発、製品化されたのが最近なので、近年の医療技術を活かした成分が配合されています。

産み分け成功率が高かったり、実際に使ってもらうことを想定した工夫が色々となされているのが特徴です。

産婦人科病院のグリーンゼリーのメリット・デメリット

産婦人科病院のグリーンゼリーのメリットとデメリットを紹介します。

産婦人科病院のグリーンゼリーのメリット

医師からの指導が受けられる

産婦人科でグリーンゼリーを購入する場合、同時に診察も受けることがほとんどです。
排卵日の予測や、グリーンゼリーを使うタイミングを診察時に医師から教えてもらうことができます。

初めて産み分けにチャレンジする方は何かと不安ですよね。
医師からサポートを受けることで、より安心してチャレンジできるのではないでしょうか。

産婦人科病院のグリーンゼリーのデメリット

費用が高額で通院の手間などがかかる

産婦人科の診察を受けることで、通院費用がかかります。
グリーンゼリーの費用(10800円)に加え、初診料・初回の血液検査費用、経膣超音波検査費用など。

また、排卵のタイミングを診てもらう場合、排卵の度に超音波検査をする必要があります
一回で妊娠しなかった場合、毎月数千円の診察料と交通費がかかってきてしまうということに。

仮に月に2回、グリーンゼリーを使った性交のタイミングを取るとして、通院等にかかる費用のシミュレーションをしてみます。
すると、初回受診~3ヶ月の合計で56,550円もかかってしまいまう計算です!

費用計内容
1ヶ月目36210円初診料:3000円
各血液検査(自費):17640円
各ホルモン検査(保険適用):2920円
超音波検査(保険適用):1850円
グリーンゼリー代金(自費):10800円
2ヶ月目6860円排卵確認の超音波検査(保険適用):2680円
フーナーテスト(保険適用):4180円
3ヶ月目13480円排卵確認の超音波検査(保険適用):2680円
グリーンゼリー代金(自費):10800円

※各費用や検査内容は病院によって異なります。

SS研究会のグリーンゼリーは1個で5回分。
なくなったらまたその時点で購入費用がかかりますし、また通院に時間もかかります。
タイミング指導を受ける代わりに、グリーンゼリーを使うための金銭的・時間的負担が大きいのです。

通販のグリーンゼリーのメリット・デメリット

ジュンビー社グリーンゼリー公式サイトを見てみる

通販のグリーンゼリーのメリット

  1. 簡単に使える
  2. 費用が安くて手軽

1.簡単に使える

産婦人科病院のグリーンゼリーとジュンビー社のグリーンゼリーは、それぞれ使い方が異なります。

産婦人科病院のグリーンゼリージュンビー社のグリーンゼリー
湯煎約45〜50度で湯煎が必要不要
容器再利用(5回分が同じ容器)使い切り(1回ごとに新しい容器)

産婦人科病院のグリーンゼリーは使用前に湯煎をし、ゼリーを液体になるまで溶かす必要があります。
約45〜50度の誤差範囲で溶かさなくてはいけないなんて、ちょっと難しいですよね。

熱くしすぎると火傷の可能性もあるので、充分な注意が必要です。

産婦人科病院のグリーンゼリーは衛生的にもイマイチ…

産婦人科病院のグリーンゼリーの容器は1本のみ。
そのため使用後はシリンジを熱湯で消毒し、次回は再利用しないといけません。
シリンジにゼリーを入れすぎると、精液と一緒に膣からこぼれてしまう、なんてことも…。

それに対してジュンビー社のグリーンゼリーは使い切りの容器になっていて、湯煎も不要
性交直前に手軽に使うことができます。

使い方も図のようにタンポンのようなインジケーター容器を膣に挿入して、ピストンを押すだけです。
それだけでちょうどいい粘度のゼリーがするすると出てきて、膣内に広がります。

容器の中に入っているゼリーは適量なので、こぼれてしまうこともありません。

2.費用が安くて手軽

※【比較表】表は横にスクロールできます

産婦人科病院のグリーンゼリー
ジュンビー社グリーンゼリー
1箱(5回分)1箱
(10回分)
2箱セット
(20回分)
3箱セット
(30回分)
価格 56,550円14800円26600円38400円

先ほど、紹介したように産婦人科病院のグリーンゼリーは5万円以上という高額な費用が発生します。

それに対して、ジュンビー社のグリーンゼリーは1箱14800円〜と安い料金で購入することができます。

それに、処方箋なども必要ないのでネット通販で購入可能です。

通販のグリーンゼリーのデメリット

医師からの指導は受けられない

通販のグリーンゼリーを使用するデメリットは医師からの指導がないということです。

通販のグリーンゼリー使用によって医師からの指導がないために赤ちゃんやママの体への影響がないか、心配する方もいるかと思います。

しかし、ジュンビー社のグリーンゼリーはママや赤ちゃんに副作用が出たり、障害が生じたりといった影響はありません。

SS研究会のグリーンゼリージュンビー社のグリーンゼリー
雑貨扱い管理医療機器

理由は、ジュンビー社のグリーンゼリーが厚生労働省が発行する『管理医療機器認証』を取得しているためです。

管理医療機器認証とは

薬事法という法律によって安全性が認められ、医療品としての販売が許されている製品に付けられる認証のことです。

産み分けアドバイザー
産み分けアドバイザー
第三者機関の厳しい審査を受けて、膣内にゼリーを使っても問題なしとされています。
この『管理医療機器認証』を取得しているグリーンゼリーは、ジュンビー社のグリーンゼリーだけです。

結論:グリーンゼリーはジュンビー社のグリーンゼリーがおすすめ

ジュンビー社グリーンゼリー公式サイトを見てみる

産婦人科のグリーンゼリーは費用が高くて無理そう…という方でも、産み分けを諦める必要はありません。

今は通販のグリーンゼリーも簡単にインターネットで購入できますので、通院・費用の負担なく使うことができます。

グリーンゼリーは男の子の産み分けに効果なし?口コミや評判についても紹介 グリーンゼリー公式サイトを見てみる 「一人目には頼りになる男の子がほしい」「一人目が男の子だから二人目は男の子が良いな」といった男...

こちらで解説していますが、一般商品のグリーンゼリーにもいくつかありますが、特にジュンビー社のグリーンゼリーが産み分け成功率も高くおすすめできます!

ジュンビー社のグリーンゼリーの成功率は高い

ジュンビー社の産み分け成功率は約80%(79.98%)
しかし産婦人科のグリーンゼリーはジュンビー社などの一般商品のグリーンゼリーに比べ、産み分けの成功率が64%と低く公表されています。

産婦人科のグリーンゼリージュンビー社のグリーンゼリー
男の子出生率:64% 程度男の子出生率:80% 程度

グリーンゼリーを使ったからといって、必ず男の子が産まれるわけではありません。
でも、少しでも成功率は高い方がいいですよね。

産婦人科病院のグリーンゼリーを買うのがベストではない理由まとめ

可愛い赤ちゃん。
無事生まれてきてくれるだけでも嬉しいのに、希望の性別だったらどれほど嬉しいことでしょう。
産まれてきた後のことを考えると、なるべくお金は残しておきたいですよね。

産婦人科のグリーンゼリーは使用タイミングの指導などのメリットもありますが、コストがかかるのがデメリットです。
また費用に加え、成功率・安全面・使いやすさでも、最新のグリーンゼリーであるジュンビー社のグリーンゼリーが最も優れています。

グリーンゼリー公式サイトを見てみる

迷っている方は、ジュンビー社のピンクゼリーで無理なく、女の子の産み分けにチャレンジしてみると良いでしょう。

いずれの性別が産まれたしたとしても産まれてきた子供は大切な命です。大切にかわいがってあげてくださいね!